短編小説/ミヤ氏の小噺

小噺2:ボウシ

実は私、結構なボウシ好きでして。
出掛ける時はよくかぶります。
夏にはメッシュで通気性のいいボウシ。
冬には厚手生地の暖かいボウシ。
まぁしょっちゅうかぶっておりますもので、友人達に何を考えてるか分からないと言われます。
それはそうでしょう。
ボウシは元より思考を外に漏らさないようにするためのものですからねぇ。
あ、ご存知でない?
ならば、そのお話を。
人間て生き物は実はかなり進化しやすい生き物でしてね。
昔は頭から思考がだだ漏れしてるような生き物だったんですよ。
あのコ可愛いなーとか、
アイツ嫌いだーなんてね。
そんな本性剥き出しじゃ社会が成り立たない。
それでボウシをかぶるようになったらしいんです。
思考が零れ落ちないように防ぐ役割を果たしてくれるそうで。
人間も考えたもんだ。
みんながみんなボウシかぶるようになったもんで、人間の身体が思考をだだ漏れさせない方に進化したのはつい最近のこと。
微量ながらたまに漏れるようですがね。
特に顔辺りから。
まぁそんなわけで、お役御免になったボウシはファッションの一部として生きながらえる事になり、私の頭を飾っていたりするんです。
そうそう、ちなみにボウシは「妄止」と書いたそうです。
溢れ暴れ出す思考が跳び出すのを止めるモノ。
良い話のネタが出来た時なんかは、ボウシをかぶったりするといいかもしれません。
ネタが逃げ出せないですからね。
試してみてください。

2006-12-04

小噺1:チリバコ

さて、皆様、日々をせかせかとお過ごしになる皆様、初めまして。
ミヤというけったいな話し手の話ではございますが、まぁまぁお聞きください。
皆様、不要になったものなどお持ちではありませんか?
こちらに「チリバコ」がございますので、よろしければ捨ててください。
さて、この「チリバコ」
それは元々はゴミ以外の別の物を入れておく箱であったわけです。
「散り箱」とも言われておりましたね。
散り散りに砕け散った物を、とりあえずひとまとめにしておく場所、とでも言いましょうか。
例えば、もう復縁など到底に出来そうもない人間関係とか、
大喧嘩のきっかけになった大切な約束とか、
遠く幼い頃に実現しようと思っていた夢とそれに対する熱意とか。
ほんの少し前なんですが、その散り箱に希望を棄てて行った者がおりましてね。
困ったもんです。
散り箱の中身と希望が一緒になると、ミレンガスが発生してしまって大変なんですよ。
なので皆さん、希望を棄てる際にはくれぐれも散り箱には棄てませんよう、ご注意ください。

2006-12-03

黒い羊小屋

二次創作では「くろひつじ」名義で活動しています。

【詳細はこちら】

WEB拍手

感想などは以下のWEB拍手からお願いします。

【WEB拍手ボタン】

→拍手の返信はこちら