短編小説/ショートショート

道のど真ん中に、穴が開いていた。
人がすっぽり入れそうな大きさの穴だ。
真っ黒にぽっかり開いた穴を、危ないなぁなんて思いながら、上からそっと覗いてみた。
穴の中には、また道が、ちょっと見たことない雰囲気の道があって、そこにもおなじように穴が開いていた。
そして自分と同じように穴を覗く人が見えた。
おや、人がいる。
穴の事を聞いてみようと、下の地面の穴に落ちないように降りてみた。
ほうほう、自分がいた場所に似てるようで違う場所だ。
しかし、尋ねようと思った相手がいない。
そこの穴を覗くと、どうやら下に降りた様子。
さてどうしよう?
見上げると自分が降りて来た穴が空にぽっかり開いている。
その穴の上で、上の穴を見上げる人影が見えた。
地面の穴の先には、下を覗く人影。
さて、どちらに聞いてみようか?

2006-12-03

黒い羊小屋

二次創作では「くろひつじ」名義で活動しています。

【詳細はこちら】

WEB拍手

感想などは以下のWEB拍手からお願いします。

【WEB拍手ボタン】

→拍手の返信はこちら