34枚め

散文

紙で右手の薬指の先を切った
傷口を見ていたら、傷口から顔が出てきて
「おまえ、馬鹿だなぁ」
といった。
「うん、馬鹿だよ」
と答えたら、
顔は笑いながら傷口の中に引っ込んだ。

「なんで生きてるの?」
と聞かれたから、
「潤されたいだけだよ」
と答えた。

心の中に、ぎらぎらした太陽がいるみたい。
渇いて渇いて仕方ない。

2008-04-16

黒い羊小屋

二次創作では「くろひつじ」名義で活動しています。

【詳細はこちら】

WEB拍手

感想などは以下のWEB拍手からお願いします。

【WEB拍手ボタン】

→拍手の返信はこちら