愛妻弁当

ショートショート

「ごめんなさい、今日はお弁当作れなくて」
 今朝、妻にそんな風に言われたのを、お昼の時間になって思い出した。
 最初はコンビニへ行ったのだが、コレというものがなく、会社近くのスーパーへ足を向ける。
 そこのお弁当コーナーを覗くと『愛妻弁当』という名前のついた弁当を見つけた。
 木目をプリントしたポリスチレン容器で、なかみの見えない作りになっている。値段はワンコインの500円と、この店ではお買い得だ。
 どうせ名前だけ、と思ったものの、何が入っているのか気になったので、試しに買ってみた。
 会社のデスクに戻り、フタを取る。
 彩りや栄養バランスの考えられたおかずに、真っ白なごはん。食べてみると、普通にうまい。
 コンビニ弁当とも、一流シェフが拵えたものとも違う、家庭レベルでのおいしさだ。
 見た目は悪くないし、普通のお弁当と違ってより手作り感が感じられる。これはこれで悪くない買い物だ。
 辺りを見渡すと、同じような容器の弁当を食べている社員が何人かいる。
 愛を買う時代なのかな、と思いながら、500円の弁当を平らげた。

 帰宅して、妻に弁当の話をしようと考えていると、
「わたし、パート先を変えようと思うの」
 そんな話を聞かされた。
 今の職場に不満が多いことは聞いていたし、近所の仲が良い奥さんも行っている職場だそうなので、特に反対はない。
 その旨を告げると、妻は嬉しそうだった。

 またお弁当のない日、あのスーパーへ弁当を買いに行くとやはり『愛妻弁当』が売っていた。
 会社でフタを取ると、やはり普通にうまそうな内容だ。
「あ、先輩の弁当には卵焼き入ってるんですね、良いなぁ」
 同じように『愛妻弁当』を買っていた後輩にそう言われた。後輩のものと比べると、なかみがだいぶ違う。
 後輩に羨ましがられた卵焼きを口にいれると、よく知った味がする。
 妻の作る卵焼きの味だ。

 そういえば、妻の新しいパート先の仕事内容を聞いていない。

2018-03-11

黒い羊小屋

二次創作では「くろひつじ」名義で活動しています。

【詳細はこちら】

WEB拍手

感想などは以下のWEB拍手からお願いします。

【WEB拍手ボタン】

→拍手の返信はこちら