彼女が僕を殺した理由

短編小説読みきり

冷たい真冬の海。
空も海面も真っ暗に淀む中、僕は静かに浮かんでいた。

自ら好んで入ったわけではない。
恋人が僕を突き落としたのだ。

話は半年前に遡る

僕には付き合ってもう数年になる恋人がいた。
彼女の名前は、ユキ。
同じ会社で働いている。
美人だし、家庭的で、同棲してもう3年は経つ。

いい年齢なので、そろそろ結婚を、なんて迫られていたが、考えの甘い僕は決断できないでいた。

そんなある日、僕はちょっとした気の迷いで、別の女の子と一夜を共にした。
もちろん、相手は僕に同棲している恋人がいることも知ってたし、その夜だけと割り切った上で、だ。

実はユキにはすこし、束縛が強いというか、ちょっとメンタルが不安定なところがあって、僕が決断できないのはそれが原因の一つだったりもする。
たぶん、魔が差したのも、それに対するストレスの発散みたいなものだ。

翌日。
当然ながら、その夜のことはユキにバレた。
どうして? なんで?
彼女の責める言葉に、そういうところだよ! と怒りがこみ上げる。
嫌気がさしてきて、口論になって、、、
突き飛ばした拍子に、ユキがテーブルの角に頭を打つけて気を失った。
名前を呼んで揺すっても、目を見開いたまま、ピクリともしない。

殺してしまった。

そうとしか思えなかった。
どうするべきかを考えに考えて、捨てることにした。
海外旅行用の大きなキャリーケースに、ユキの身体を折り曲げて詰めこんで、車に運ぶ。
夜のうちに行って戻れるくらいに離れた県外の、粗大ゴミ処理場にこっそり置いてきた。

その後のことは、よく覚えていない。

朝になって目が覚めると、ユキがおはようと声をかけてきて、朝ごはんができていた。
いつも通りの朝。
ああ、あれは夢だったのか。
なんて嫌な夢だったんだろう。
そう思うけれど、こちらを向いた彼女は、昨日と同じ服装のまま頭から血を流していた。

ハッと目が覚める。
慌てて起き上がるが、誰もいない。
気のせいだと思いたいけれど、食卓には朝ごはんが用意されていた。

これは、なんなんだ?

ふと目に入った鏡に、頭から血を流している彼女が映った。
僕は叫びながら叩き割り、その鏡を捨てた。

きっと、彼女は僕を恨んでいるのだ。
当たり前だ。
身勝手な理由で殺して棄てた。
当然だ。

疲れ切った僕を心配した同僚が、飲みに連れて行ってくれた。
帰りたくないので、ありがたい気持ちでいっぱいだった。

しかし、帰宅して電気をつけると、明かりが瞬くその一瞬だけ、彼女の姿が現れて消えた。

翌朝はまたユキの声で目が覚めた。誰もいないはずなのに。
テーブルにはきちんと朝ごはんまで用意されていて、これまでユキがいた日常の一部が繰り返される。
気持ち悪くて、その朝食は毎日棄てた。
それでも彼女はときどき、何かの一瞬にだけ現れる。

これが3ヶ月くらい続いた。
さすがに限界だった。
発狂しながら消えてくれと叫ぶと、彼女は姿を現さなくなり、朝ごはんが用意されることはなくなった。

毎朝の煩わしさがなくなって、少し余裕ができた。
その時になって初めて、気付いたことがある。
彼女がいないことに、誰も気付いていないことだ。

彼女とは部署が違うので実際のところはよく分からない。
だが、休憩のタイミングで彼女のデスクを覗いて見るが、いつ見ても誰もいないのだ。
そしてそれを、誰も何も言わないのが余計に不気味だった。

もしかしたらこのまま、僕が彼女を殺したことを、誰にも知られずに逃げのびれるかもしれない。

僕はそうして、もう何事もなかったかのように生きていくことにした。
彼女と住んでいたマンションを引き払い、引っ越しをして、気分を改めることにしたのだ。
ユキの荷物、ユキに関わるものは全部捨てた。
二人の思い出の品も、なにもかも。

引っ越しを終えて、数週間くらい経った頃、不思議な電話がかかってくるようになった。
死んだはずのユキからだ。
出てみるが何も聞こえない。
きっといたずらか何かに違いない。

けれども電話は何度もかかってくる。
だんだん恐ろしくなって、もう許してくれと無言の相手に何度も懇願した。

けれど相手は、ユキは、何も言わない。

しかし、あるタイミングで電話がかかってこなくなった。
助かった。
解放された。
そうとしか思えない。

解放された僕は、新しい恋人を作ることにした。
ユキと付き合っていた時にも時々デートしていた女の子だ。

しかし、僕はまたユキの影に怯えるようになる。
ユキの姿が一瞬だけ見えたり、また電話がかかってきたりしたのだ。
さすがに腹が立って、かかってきた電話に、しつこいんだよ! 消えろ! と怒鳴ってやった。

そんなある夜、新しい彼女を家まで送った帰り、またユキから電話がきた。
しつこい着信音にイラついて、運転中の車を路肩に寄せたタイミングで電話が切れた。
その代わりに、ショートメッセージで写真が届いた。
どこかの埠頭のようだった。
よくよく見ると、思い出した。ユキといったことのある場所だ。

写真はかなり暗いし、今しがた撮影されたもののように見える。
もしかしたら、ユキの携帯を拾ったヤツが悪戯してるのかもしれない。
これまでの電話ももしかしたら、ソイツのせいなのかも。
僕は新しい可能性にたどり着き、そして閃いた。
取り返そう。
アイツとの縁を完全に切るためにも。
僕は再びハンドルを握る。

写真はどんどん届いた。
暗いし毎回写っているものも違うが、その埠頭のあたりをうろつきながら撮っているように見える。
まだその埠頭にいるに違いない。

埠頭にたどり着くと、写真を頼りにそいつのいる場所を探す。
最新の写真の場所に着いた、と思ったら、そこには人が立っていた。
すこし小柄で、髪の長い、多分女。

「おい、あんた!」

そう声をかけると、答えるように振り返ったその女の顔は、ユキだった。

意味が分からない。
なんで?
僕は思わず逃げ出そうとしたが、足がもつれて転けてしまった。
ユキは無表情で、青白い顔のまま、ゆっくり近づいてくる。
僕はしりもちをついた格好のまま、後ずさりして逃げた。
しかし、ユキの歩みは止まらなくて、埠頭の端までついてしまった。
その先は、海がある。

逃げられない。

許してくれ、頼む、と懇願したが、ユキはゆっくり近づいてくる。
何かを言っているが聞こえない。
そして、ドス、と重い音がして、腹にナイフが刺さった。
あ、と声を出した次には、彼女は僕を暗い海へと突き落としていた。

服が水を吸って重い。
腹がじんじんと痛い。
ダウンジャケットのおかげで水面に浮かんでくることができた。
しかし、僕が落ちた場所にはまだユキが立ってこちらを見ていた。

無理だ。
僕はこのまま、死ぬのだ。

僕の頭には、ゆっくりとこれまでのことが流れてくる。
これが走馬灯という奴だろうか。

しかし、ユキを殺してからのことは、なんだか記憶と違うようだ。
だって、ユキの遺影に手を合わせている記憶があるんだ。
この記憶は、いったいいつだ?

「……ああ、そうか」

彼女はもう何年も前に、死んでいたのだ。

僕はユキを見ないふり、聞こえないふりを、していたんだ。
彼女から逃げるために、思い込んで。

だって、ユキを殺したのは3度目なんだ。

何度殺しても、朝にはユキは生き返ってて、朝ごはんを作ってくれた。
だから、見ないふりをした。
それで解放されたはずなのに。

身体が冷たくなってきた。

ざぶん、と顔の近くで何かが海の中から出てくる。
やっぱり、ユキだった。

「これでやっと、一緒になれるね」

身体が沈む。
僕はもう、死ぬだけだ。

初出:https://note.com/mei331/n/n2c87a32a94b8

2021-02-06

帰り道の猫

短編小説ショートショート

それは仕事を終えて、家に帰る途中のことだった。

「おい、お前」

頭上から声が降ってきた。
見上げると、太い木の枝にキジトラの猫が座っている。

「え、もしかして、今の……お前が?」

そんなバカな。
猫が人の言葉を話すなんて。

「ほかに誰がいる?」

信じられないという僕の表情など知る由もなく、猫はそう言った。

よく見れば、そいつは見知った猫だ。
近所の、おばあさんが一人で住んでいる古い一軒家の縁側でよく寝ている。
たまに玄関近くにいるので、声を時々かけたり、撫でたりしたことのある猫。

「あー……そうだね。僕に何か用?」

とりあえず仕事で疲れていたし、なんかもうよく分からないから、この状況を受け入れることにした。

「お前はこれからどこに行く?」
「家に帰るところだけど」
「そうか。おれも家に帰りたい」
「帰ればいいじゃん」
「アレが怖いから無理だ」
「アレ?」

澄ました表情の猫が視線を動かす。
つられて僕も顔を向けると、ちょうど車が通り過ぎていくところだった。

「お前、おれを連れていけ」

困った様子など微塵も見せず、猫は偉そうにそう言った。

「分かった、よ……」

そう言って猫の方に手を伸ばす。
すると、猫はあからさまに嫌そうな表情を見せ、僕の手をすり抜けると、地面に着地した。

「だっこは禁止だ」
「……あ、そう」

猫らしいというか、なんというか。
とりあえず僕は猫の住んでいる家に向かって歩き出した。
すると猫は僕の足にまとわりつきながら歩き出す。

(踏んだらきっと、理不尽に怒られる……)

僕は細心の注意を払いながら歩みを進めた。
たかだか5分もしない距離なのに、15分はかかった。

猫は玄関の近くまで行くと、

「うむ、ご苦労」

そう言って玄関の前にぺたりと座り込んだ。

そのあとは、にゃー、としおらしく鳴いてみせ、そのまま眠ってしまった。
僕はまぁいいか、と頭をかいて、帰路に着いたのだった。

初出:https://note.com/mei331/n/ncf609e432ed9

2021-02-05

引越し先の気になるところ

短編小説ショートショート

最近引っ越しをした。

築年数5年以内の、綺麗なマンション。
駅近で、見晴らしもよく、日当たり良好。

立地条件は申し分ないのだが、
1つだけ気になることがある。

実は水道の蛇口をひねると、
ざぁーっという水音にまじって、

死にたい、消えたい、いなくなりたい

ボソボソと聞こえてくるのだ。

手を洗うたびに、
シャワーを流すたびに、

これが延々と聞こえ続けてくるので、
また引っ越すべきかどうか悩んでいる。

初出:https://note.com/mei331/n/na5efc871b1d7

2021-02-04

拍手喝采

短編小説ショートショート

僕は高校に入学してすぐ、なんとなく憧れていた吹奏楽部に入った。
担当楽器はトランペット。
部内にいる人たちは、中学生の頃から続けている人が殆どだったから、僕は家に帰ってからも練習をしていた。
もちろん、自宅で大きな音を鳴らしたら怒られるので、練習場所は自宅から近い、川沿いの土手だ。

♪〜♪〜

周囲に人気はない。
しかし、1曲通して吹き終わると、どこからともなく拍手が聴こえてくる。

もちろんそれは人間の拍手ではない。

土手沿いに生えた草が、毎度タイミングよくザワザワとうるさく騒ぐのだ。
最初はネズミとか猫とか、生き物の仕業かと思ったのだが、どうにも違う。
偶然に風がそよいだ、わけでもない。
吹き終わるのを見計らったように沸き起こるので、僕はいつもこの拍手がとても嬉しかった。
それもあって、僕はいつもここで練習しているのだ。

そんなある日、いつものように土手に行くと、長く伸びていた草達が綺麗になくなっていた。
どうやら清掃活動の一環で、土手沿いの草達も刈られてしまったらしい。
なんだか残念な気持ちのまま、僕はいつものように練習を始めた。

♪〜♪♪〜

1曲吹き終わると、どこからともなくいつもの拍手が聴こえてきた。
気付けば綺麗に刈られていたはずの土手沿いの、ある一画だけ草がにょきにょき生えてきていたのだ。
僕は驚きつつも、もう1曲演奏。

♪♪〜♪〜

吹き終われば、再びの拍手喝采。
清掃活動をしてくれた人達に申し訳ないなぁと思いつつ、僕はもう1曲吹き始めた。

初出:https://note.com/mei331/n/n26ec5d7f7741

2021-02-03

死の妄想

短編小説ショートショート

「時々、自分が死ぬ妄想をすることがあるんだ」

僕の言葉に、向かいに座っていた従妹はさして顔色も変えず、スマホの画面を観たままだ。

「ふーん。例えば、どんな?」

「そうだなぁ。
最初は道端で突然、知らない男に後ろから刺されて、財布とか取られて、犯人が走り去る背中を見つめながら事切れる、みたいな。
そんで犯人は手がかりもなく、僕の死んだ事件が大々的にニュースになるような妄想だった」

「ほかには?」

「その次は、横断歩道を歩いていたら、信号無視した車に轢かれるんだけど、運転してたのが芸能人でワイドショーを騒がせたり、
ベランダから身を乗り出して掃除してたら、うっかり足を滑らせてマンションの9階から転落したり、
なんか、ありそうでなさそうな妄想、だよ」

気付くと従妹はスマホではなく、僕の顔を見つめながら眉をひそめていた。

「……その妄想、いつしたの?」
「え?」
「だから、マンションから落ちるってやつ」
「あー、いつだろう?」

妄想した時の日付なんて、そうそう覚えているものではない。
さすがに記憶にはなかった。

「……じゃあ、ケイスケ叔父さんの死因知ってる?」

ケイスケ叔父さん。
僕の母と従妹の父の、お兄さんに当たる人で、今日はその人の葬儀が執り行われる。
その待ち時間、こうして久しぶりにあった従妹と他愛なく話をしていたのだ。

「いや、知らない……。聞いてない、けど」
「マンションのベランダから落ちたの」
「マジで?」
「マジで」
「もしかして、掃除中に?」

従妹はコクリと頷いた。

「あと、ちょっと前にタレントのYが轢き逃げした事件の被害者はうちのお母さんの従姉妹の旦那さんらしいし、数年前に亡くなった祖母ちゃんのお兄さんも強盗殺人に遭ってる」
「え、うそ……」

知らなかった。
いやいや、でも聞いたのに忘れてたんじゃないか?
それでこんな妄想をしたとか?
んー、でもこの妄想は何年も前からしているものだし、親類がそんな死に方してたのは絶対に初耳だ。

「偶然でも気持ち悪いし、その変な癖やめてよね」
「う、うん……」

従妹に言われ、僕は確かに気持ち悪いし、妄想するのは辞めようと考えた。

だが、葬儀が終わり、自宅に帰る道すがら、またうっかり妄想してしまった。

乗り換える人間の多い今まさにいる駅で、混雑に紛れてホームに思い切り突き落とされ、そこに急行電車が走り込んできてーー。

(……なんてな)

そんなことを考えていたら、先ほど改札口で別れた従妹が、向かいのホームに立っているのが見えた。
相変わらず、スマホをじっと見つめている。
手を振ったら気付くだろうか?

その時だった。
向かいのホームに、電車の接近を告げるアナウンスが流れたタイミングで、彼女が誰かに突き飛ばされたように、その身体がポーンと宙に浮かんだのだ。

気付いた時にはもう遅かった。

僕の妄想は、現実の僕を殺さない。
どうしたら、僕は……。

初出:https://note.com/mei331/n/n8d5b03f6dd32

2021-02-02

消された側のぼくら

短編小説ショートショート

マンガとかでさ、よくあるじゃん。

『タイムリープ』

主人公とか主人公に近しい誰かが、特殊能力で時間を巻き戻すってヤツ。

ぼくはそれに遭遇したことがあるんだ。

それはまー、びっくりしたよ。
キズだらけになったアイツは、病室のベッドで突然
「こんなはずじゃなかった」
「ごめん」
なんて、中二病かな?って発言したから、頭も検査した方がいいんじゃないと本気で思った。

でも、アイツは泣きながら銀色のブレスレットを触った。
すると身体が眩しく光って、ぼくは眩しさに思わず一瞬目を閉じて、
そしたら、アイツは消えて居なくなってた。

意味がわからなくて、ぼくは空っぽのベッドを見つめたまま呆然としていた。
が、
何が起きたのか、それはすぐに分かった。

病室の窓から、空の向こうからやってくる大きなブラックホールが見えたからだ。
遠くに見えていた建物がどんどん吸い込まれていって、世界の消滅が始まった。

アイツは主人公で、
ぼくはその脇役にすぎなかった。

それだけのことだし、
このなんとも言えない悲しみと辛さも、
巻き戻った世界のぼくは知らない。

だから、ぼくらのことは気にしないで欲しい。

主人公たちへ、
消された側のぼくらより。

初出:https://note.com/mei331/n/n9713a2db5174

2021-02-01

晴れ時々ネコ

短編小説ショートショート

ある朝、ネコの鳴き声で目が覚めた。

うちにネコは居ない。
近所で時々見かけるが、そんなに多くはない。

気になって窓を開けると、よく晴れた空からネコが降っていた。

意味がわからないと思うが、オレにもよく分からない。
三毛、黒、白、キジ、茶トラ、さばトラ、、、などなどなど、
あらゆるネコが空から、
キャットタワーの上から降りてくるように軽やかに、雲を足蹴にひょいひょいと、
降ってくる。

昔、ブタが降る絵本だかなんだかあったなぁ。
それのネコバージョンかな、なんて、
寝ぼけた頭をかいた。

寝起き。
そうだ、これは夢だ。
こんな非現実的なこと、あるわけがない。

そう思ったところで目が覚めた。

やはり夢だった。

とはいえ、あのモフモフにまみれたら、
とてつもなく気持ちが良いのではないだろうか。
ブタではなくネコだったのだから、
せめて思う存分にモフッてから目覚めたかった。

そう思いながら窓を開けると、
庭を埋め尽くさんばかりにネコがいた。

辺りを見回すと、そこら中がネコだらけ。
夢じゃなかったのか?
それともまだ夢の中にいるのか?

オレは思案した後、とりあえずモフッてから考えることにした。

初出:https://note.com/mei331/n/n523820b3031d

2021-01-31

オフ会

短編小説ショートショート

SNSで仲良くしていた人と会うことになった。

最初は好きな音楽で意気投合したんだけど、好きな本とか食べ物とかも似てて。
お互いにオススメし合う感じになったんだ。
さらに話していたら、近くに住んでるっていうから、会ってみようって話になったわけ。

待ち合わせのカフェは、お互いに行ったこともある場所。

『先に着いたので、席とってますね』

そんな連絡がきたので、カフェに着く前からワクワクしていた。

「待ち合わせです」と言ってカフェに入る。
しかし、通された席には、誰もいない。
テーブルにはスマートフォンが置いてあるだけ。

「トイレにでも行ってるのかな?」

そう思いながらスマホを置いてある席の向かいに座る。
すると、テーブルに置いてあるスマホが突然光り、メッセージの送信画面が勝手に点いた。

そして『こ ん に ち は』と、ゆっくり表示されたのだった。

初出:https://note.com/mei331/n/nea60b33695f6

2021-01-30

イイネ

短編小説ショートショート

「ただ、SNSで『イイネ』が欲しかったんです。

 最初は頑張ってバイトして、
 可愛いお洋服やネイルの写真を上げて、

 『可愛いね』
 『ステキー❤️』

 って言われてたんですよ。
 構図とか、光の当て方とかも研究したから、
 すっごく盛れる写真が撮れてたと思います。

 でも、フォロワーそんなに増えないし、
 イイネも頑張って3桁って感じで。

 SNS疲れるなーなんて思ってたんですけど、
 ある日、バイト終わって帰る途中、近所のお家が燃えてたんです。
 火がすっごくて、赤とオレンジがメラメラ燃え上がってて、
 夜なのに辺りはすごい明るかった。

 気付いたら写真撮ってSNSに上げてたんです。

 そしたら、なんかすっごいイイネとかコメント来ちゃって。
 3桁やっとがあっという間に4桁とかになったです。
 フォロワーがめっちゃいるアカウントからもコメントきてて、
 すごくビックリしました。

 こんな簡単なことだったんだなーって。

 それからバイト辞めて、空いた時間は街中ウロウロしてたんです。
 なんか事件起きないかなって。
 でも、そうそう火事とか事故とか、起きないんですね。

 だからーーうん。

 なんかホント、馬鹿ですよね、私」

連続放火犯として逮捕された彼女は、そう言いながら寂しそうに笑った。

初出:https://note.com/mei331/n/n6135d0f3467f

2021-01-29

嫌なことの美味しい食べ方

短編小説ショートショート

嫌なことがあった日は、美味しい食パンを買ってきましょう。
そして、嫌なことを思い返しながら、パンに美味しいジャムを塗りたくるのです。

嫌な言葉で殴ってくる、アイツの顔をイチゴジャムみたいに真っ赤に染めるつもりでさ。

もしその嫌なことが、誰にも知られたくないような、恥ずかしいものだったら、
食パンに小さく報告するようにジャムを塗って、
何度も何度も折りたたんで、
ひとくちで食べるといいでしょう。

大丈夫。
食べたら誰にも見えないから。

嫌なことは、食べて仕舞えば良いのです。

初出:https://note.com/mei331/n/nac49792567e7

2021-01-28

黒い羊小屋

二次創作では「くろひつじ」名義で活動しています。

【詳細はこちら】

WEB拍手

感想などは以下のWEB拍手からお願いします。

【WEB拍手ボタン】

→拍手の返信はこちら