20枚め

散文

「辛」い時こそ楽しみを見つける。
そうすれば、「幸」せから逃げた一本線が戻ってくるよ。

例えば、今此処で意識を失ったら。
例えば、今から誰知らぬ世界へ逝ってしまえたら。

土壁をそぞろ這う百足ですら番で生きると申すのに、番う相手なぞ見つけられず、魂は相も変わらず濁り汚れて満足している。
多分自分は番を殺された百足なのだ。
呪う相手を知らず、何処かへ消えた影を探して。
こんな時に人形が欲しいと想ふ。
自分の浅ましい欲求を満たせるのは、同じような屍体だけ。
けれど、そんな者はいないし、いたとしても、そんな者は自分だけでいい。
殺された番、屍体で構わぬよ、還っておいで。

欲求に溺れると、生きるのは辛い。
欲求を知らないと、生きる価値が分からない。
欲求は、生きるを識る為にあるのでせうか。

2008-03-31

黒い羊小屋

二次創作では「くろひつじ」名義で活動しています。

【詳細はこちら】

WEB拍手

感想などは以下のWEB拍手からお願いします。

【WEB拍手ボタン】

→拍手の返信はこちら