恋月

ショートショート短編小説

彼は生まれ変わる度に恋をする。もしかしたら恋をするために生まれるのかもしれない。
なんでもない友人、特別な感情のない友人に恋をして、少しずつ思いを膨らませていく。
毎日毎日少しずつ、思いが増えていく。
気持ちが溢れそうになると、彼はしっかり告白をする。
しかし彼は成功しようがしまいが、告白の後に思いが冷めていく。
毎日毎日少しずつ、思いが萎んでいく。
思いがすっかり無くなった頃、彼は死んでしまう。
そしてまた、恋をする為に生まれる。
夜の太陽は、昼間の太陽並に情熱的だ。

2007-03-02

黒い羊小屋

二次創作では「くろひつじ」名義で活動しています。

【詳細はこちら】

WEB拍手

感想などは以下のWEB拍手からお願いします。

【WEB拍手ボタン】

→拍手の返信はこちら