ランドセルの中身

ショートショート

「おはようございまーす!」

自宅マンションを出たところで、後ろから声を掛けられた。
振り返れば、近所の小学生がこちらに向かって走ってきていた。

「あ、おはよー」

答える私を、彼は追い越しながら「いってきまーす!」と叫んでいた。

寝坊でもしたのか慌てて家を出たのだろう、彼に背負われているランドセルのフタが開いていた。
高学年男子の背中には少し小さく思えるランドセルの蓋は、ガチャガチャと音を立てて左右に大きく揺れている。

あのままでは、ランドセルの中身が飛び出してしまいそうだ。
全力疾走中の彼には悪いが、伝えたほうがいいかもしれないと思い、「ねぇ!」と口に手を添えて大声をあげようとした、その時だった。

「……え?」

べろんとフタが捲れた、その一瞬だけだったが、ランドセルの内側が見えたのだ。
しかし、教科書やノートに交じって、目を疑うものが見えた。

人間の、顔だ。

青白い肌に、真っ黒な目。
ボサボサの長い黒髪まで見えたし、あれは紛れもなく人間の顔。
しかも、その虚のような黒い目と目が合ったような気さえする。

あまりに突然で、声が出なかった。

きっと、本か何かの表紙に違いない。
あんな人の顔が表紙の本なんて見たことはないが、きっとそうだ。
そうに違いない。

私は学校へ急ぐ彼の背中を見送りながら被りを振り、仕事へ向かうことにした。
しかし、彼のランドセルの中身が気になってしまい、その日はなんだか集中できないまま終わってしまった。

どうしても気になって、次の日の朝、彼に出会したタイミングで聞いてみた。

「あ、あのさ。昨日、君のランドセルの中身が見えてさ……」

そう切り出すと、彼はちょっと困ったように眉を八の字にして

「あー、おばさんが見ちゃったんですか? それで学校着いた時には居なかったのかー」
「え?」
「あいつ、見た人のカバンに入っちゃうんですよ」

彼の言葉に驚いて、私は思わず自分の通勤バッグを開いた。
しかし、そんなものは見当たらない。

バッグの中身は、書類の束と、財布と、社員証と、化粧ポーチと、、、
しかし、書類を何枚かかき分けたところで、手が止まった。

いた。

青白い肌。
真っ黒な目。
ボサボサの髪の、顔。

平べったい、顔だけの、なにか。

「だから、おばさんも誰かに見せてね! それじゃ、いってきまーす!」

彼はそう言うと、逃げるように走りさってしまった。

これが何なのか、全く見当がつかない。
しかし、誰かに見せなければいけないようだ。

私はバッグのファスナーを閉め、どこでバッグを開けたままにしようか考えた。

初出:https://note.com/mei331/n/n42e3619deb17

2021-01-24

黒い羊小屋

二次創作では「くろひつじ」名義で活動しています。

【詳細はこちら】

WEB拍手

感想などは以下のWEB拍手からお願いします。

【WEB拍手ボタン】

→拍手の返信はこちら