晴れ時々ネコ

ショートショート

ある朝、ネコの鳴き声で目が覚めた。

うちにネコは居ない。
近所で時々見かけるが、そんなに多くはない。

気になって窓を開けると、よく晴れた空からネコが降っていた。

意味がわからないと思うが、オレにもよく分からない。
三毛、黒、白、キジ、茶トラ、さばトラ、、、などなどなど、
あらゆるネコが空から、
キャットタワーの上から降りてくるように軽やかに、雲を足蹴にひょいひょいと、
降ってくる。

昔、ブタが降る絵本だかなんだかあったなぁ。
それのネコバージョンかな、なんて、
寝ぼけた頭をかいた。

寝起き。
そうだ、これは夢だ。
こんな非現実的なこと、あるわけがない。

そう思ったところで目が覚めた。

やはり夢だった。

とはいえ、あのモフモフにまみれたら、
とてつもなく気持ちが良いのではないだろうか。
ブタではなくネコだったのだから、
せめて思う存分にモフッてから目覚めたかった。

そう思いながら窓を開けると、
庭を埋め尽くさんばかりにネコがいた。

辺りを見回すと、そこら中がネコだらけ。
夢じゃなかったのか?
それともまだ夢の中にいるのか?

オレは思案した後、とりあえずモフッてから考えることにした。

初出:https://note.com/mei331/n/n523820b3031d

2021-01-31

黒い羊小屋

二次創作では「くろひつじ」名義で活動しています。

【詳細はこちら】

WEB拍手

感想などは以下のWEB拍手からお願いします。

【WEB拍手ボタン】

→拍手の返信はこちら