消された側のぼくら

ショートショート

マンガとかでさ、よくあるじゃん。

『タイムリープ』

主人公とか主人公に近しい誰かが、特殊能力で時間を巻き戻すってヤツ。

ぼくはそれに遭遇したことがあるんだ。

それはまー、びっくりしたよ。
キズだらけになったアイツは、病室のベッドで突然
「こんなはずじゃなかった」
「ごめん」
なんて、中二病かな?って発言したから、頭も検査した方がいいんじゃないと本気で思った。

でも、アイツは泣きながら銀色のブレスレットを触った。
すると身体が眩しく光って、ぼくは眩しさに思わず一瞬目を閉じて、
そしたら、アイツは消えて居なくなってた。

意味がわからなくて、ぼくは空っぽのベッドを見つめたまま呆然としていた。
が、
何が起きたのか、それはすぐに分かった。

病室の窓から、空の向こうからやってくる大きなブラックホールが見えたからだ。
遠くに見えていた建物がどんどん吸い込まれていって、世界の消滅が始まった。

アイツは主人公で、
ぼくはその脇役にすぎなかった。

それだけのことだし、
このなんとも言えない悲しみと辛さも、
巻き戻った世界のぼくは知らない。

だから、ぼくらのことは気にしないで欲しい。

主人公たちへ、
消された側のぼくらより。

初出:https://note.com/mei331/n/n9713a2db5174

2021-02-01

黒い羊小屋

二次創作では「くろひつじ」名義で活動しています。

【詳細はこちら】

WEB拍手

感想などは以下のWEB拍手からお願いします。

【WEB拍手ボタン】

→拍手の返信はこちら