ショートショート短編小説

世界なんてものは、広大であり、ちっぽけな箱に収められた、くだらない時間の砂である。
定義なんてものは、ふざけた価値観と、科学という人間の驕りに整合性をもたせた、狭苦しい箱に収めた濁った視界である。
神なんてものは、人間の臆病な欲のために作り上げられた、人間の形の箱に救いという夢を収めたものである。
人間なんてものは、その驕りと浅はかさを知らない、欲情を詰め込んだだけの箱である。
このやたらと高飛車に語られる説明すらも、ネットと呼ばれる狭くて広い箱の中に漂う一つの文章である。

2006-12-22

黒い羊小屋

二次創作では「くろひつじ」名義で活動しています。

【詳細はこちら】

WEB拍手

感想などは以下のWEB拍手からお願いします。

【WEB拍手ボタン】

→拍手の返信はこちら