ショートショート短編小説

---彼はただひたすらに真っ白な原稿を目の前に広げ、ひたとも言葉が浮かばない己の頭を抱えていた。そして---
「どうだい、調子は」
声を掛けられ、顔を上げると、にこやかに笑うクラスメイトがいた。
「…まぁまぁかな」
「そろそろお昼だ。学食に行こう」
「そうだな」
ペンを置き、席を立つ。
学食までの螺旋階段をのんびりと降りながら、壁にびっしりと収められた大小様々な書物を見上げる。
「やぁ相変わらず随分な量だ」
天の果てまで続く螺旋階段と壁と書物。
降り注ぐ知性の埃はきらきらと光る。
「まったく、小説家になんてしなきゃよかった」
「はは。大変そうだな」
「そっちのは?」
「一人は有能な大統領に、もう一人はその国を狙うテロリストの頭にしてやったんだ。時系列が一緒だからね。こうした方が話が運びやすくて楽しいよ」
「二人掛け持ちしてもそんな楽しみ方があるんだなぁ」
「まぁね。で、苦悩している小説家はどうするんだい?」
「入水自殺でもさせようかなと」
「定番だな」
「まぁね。そっちのが書きやすいし。ちょうどそいつと交際してる女の話を前の席の子が書いてるから、一緒に自殺させてやろうかと」
「ふーん?平気なの?」
「その子も息詰まってるらしいから、ちょうどいいんじゃない?」
「次は誰のを書くんだい?」
「小説家以外ならなんでもいいよ」
小説家の最期の台詞を考えながら、券売機のA定食のボタンを押した。

2006-12-29

黒い羊小屋

二次創作では「くろひつじ」名義で活動しています。

【詳細はこちら】

WEB拍手

感想などは以下のWEB拍手からお願いします。

【WEB拍手ボタン】

→拍手の返信はこちら