ショートショート短編小説

水が流れていた。
上から下へ、ただ、ただ。
水が流れていた。
キラキラと、煌めきを放ちながら。
水が流れていた。
未来から過去へと、過ぎ去るように。
水には小さな四角がいくつもいくつも混ざっている。
一つ摘み上げた。
小さな少年。
火の灯る蝋燭、白いホールケーキ。
幸せそうな少年。
蝋燭の焔を吹き消す。
暗闇。
水が流れていた。
いくつもの四角を含んで、下へ下へと流れていく。
流れていく。
その先は、暗闇だけ。

2007-01-05

黒い羊小屋

二次創作では「くろひつじ」名義で活動しています。

【詳細はこちら】

WEB拍手

感想などは以下のWEB拍手からお願いします。

【WEB拍手ボタン】

→拍手の返信はこちら