赤イ花

ショートショート短編小説

「とある森の中に、それはそれは綺麗な花畑があると言う。
そこは、突然森が終わっていて、辺り一面を所狭しと咲いているのだと言う。
香しい花の香りが充満し、そこに辿り着いた者は皆、俗世を忘れてしまうのだと。
しかし、そこが何処なのか、正確な位置は誰にも知られていない。
何故なら、皆そこを探しに行って、帰ってこないから。
噂によれば、その花の色は鮮やかなアカイ色をしていると言うこと」
そんな、伝手のない噂話を、僕は半分信じ、半分疑いながら、探しに行った。
よくそんな暇が、と思われるかもしれないが、実際問題、暇だったんだ。
死にたくなるくらい、ね。
噂話が始まった山の麓で、地元の人間に話を聞くと、やはり、その山で合っているらしい。
何人もその噂を何処からか聞いて、山へ行き、ある者は見つけられず戻って来て、ある者は戻って来なかったと。
麓の人間が戻らなかった者を山中探したこともあるが、花畑を探しに行った者は見つけられた事がないのだという。
僕は花畑を見つけても戻って来ます、と麓の人間に念を押し、山へ入った。
かなり奥へ行ったかと思った場所で、休憩を取ろうと腰を降ろした。
すると、ぼんやりと見つめていた先に、森が終わっているかのように、木が突然なくなっている場所が見えた。
慌ててそこへ駆け寄ると、むせ返る程の花の香りと、視界いっぱいに花畑が広がった。
あぁ、此処か。
あまりの光景に、僕はそこに寝転んだ。
空は青く澄み、木々の生えた方からは鳥の鳴き声。
なんて心地よいんだろう。
寝そべったまま、身体をうんと伸ばす。
何かが腕に当たった。
何だろうとそちらに視線を向けると、花の下から腕が伸びていた。
小さく悲鳴をあげ、起き上がる。
花の下から伸びていた腕は、すでにひからび、まるでミイラのような状態である。
顔や身体があるはずの方へ、腕から辿っていくと、そこにはすでに鮮やかな赤い花がたくさんの花びらを広げていた。
あぁ、そういうことか。
僕はそのまま、また寝そべった。
探しに行った者が、見つからないはずだ。
花畑に近づいて来る足音。
「お花が増えているわ」
嬉しそうな声。
プチン、プチン、と花の茎を切る音。
「うふふ」
嬉しそうな笑い声。
「さぁ、売りに行かなくちゃ」
軽やかな足音が、花畑から遠ざかっていく。

2007-01-06

黒い羊小屋

二次創作では「くろひつじ」名義で活動しています。

【詳細はこちら】

WEB拍手

感想などは以下のWEB拍手からお願いします。

【WEB拍手ボタン】

→拍手の返信はこちら