僕は自分で自分を殺しました。

ショートショート短編小説

ある朝目が覚めたら、僕は透明な箱の中に居た。
正確に言うと、誰からも僕が分からない状態だったんだ。
誰も気付かない。
誰も僕が居る事に気付かない。
話しかけても、誰も気付かないんだ。
まるで、周りから僕の存在を見えなくする、箱に入ってるみたいな。
透明人間にでもなった気分。
でも、僕は自分の手が見えるし、鏡に自分の顔も映った。
だから透明人間になったわけじゃない。
あぁ、そうか、僕は自分で自分を殺したんだ。
20XX年1月15日に僕は確かに、大量の睡眠薬を飲んで眠った。
あぁ、僕は未練を残してこの世に止まる、幽霊ってやつか。
はは、それはいい。
未練ならいくらもある。
高校時代、僕をネクラだなんだと詰っていたアイツ。
大学時代、僕に散々たかって、金を要求したアイツ。
仕事場でも、クズだのノロマだの罵っていたアイツ。
せっかくだ、殺してしまおう。
きっと、僕が今こうして、幽霊と言う透明な箱に入っているのは、神様が僕に復讐を許しているからに違いない。
せっかく殺しに行くのだから、死神のような真っ黒な衣装で参上してやろう。
自室の箪笥から、黒いズボンに黒いシャツを引っぱりだし、ついでに黒いカーテンを引きちぎってマントにした。
力に自信がないので、金属バットを持つ事にした。
念のため、反対の手に包丁も握った。
よし、コレなら勝てる。
カーテンのマントを翻し、アイツの家に向かう。
あぁ、きっと、アイツは驚愕の表情を浮かべるだろうなぁ。くくくっ。
愉しみだ。。。
---数分後
全身黒尽くめの金属バットを持った男が、路上で職務質問されていた。

2007-01-12

黒い羊小屋

二次創作では「くろひつじ」名義で活動しています。

【詳細はこちら】

WEB拍手

感想などは以下のWEB拍手からお願いします。

【WEB拍手ボタン】

→拍手の返信はこちら