賢者

ショートショート短編小説

人間とはなんとも賢い生き物だ、とふと思うときがある。
例えば、へとへとになって遅い時間に仕事から帰って来た時に、テーブルの上にぽつんとカップ麺が置いてあり、家の中に人の気配が微塵も感じられない、こんな状況の時などだ。
お湯を入れて3分も待てば飢えをしのげる。
素晴らしい。
そして、飢えを凌ぎながら、専業主婦の妻がこんな時間に家にいないという事実と、最近の風当たりの悪さから、不倫相手の所だろうと簡単に推測出来てしまうということに、賢さと引き換えに心が狭義になっている事実をただただ実感するばかりである。

2007-01-25

黒い羊小屋

二次創作では「くろひつじ」名義で活動しています。

【詳細はこちら】

WEB拍手

感想などは以下のWEB拍手からお願いします。

【WEB拍手ボタン】

→拍手の返信はこちら